スマホが故障した時にやってはいけないこととは?!

スマホの故障原因でとにかく多いのは水没

スマホの故障原因は様々ですが、その中でも代表的なものがスマホの水没です。基本的に電子機器は水や湿気に弱く、スマホも例外ではありません。しかし、スマホの水没は素早く修理業者に修理を依頼することで、故障せずに済む可能性もあります。実は、スマホの水没で本当に問題なのは、持ち主が慌ててとってしまう行動にあるのです。トイレや水溜まりなどにスマホを落としてしまうと、当然持ち主は急いで拾い上げます。本当ならこのままの状態で修理に出すべきなのですが、スマホが故障していないか確認するため多くの人が電源を入れてしまいます。水没したスマホに電源を入れると、通電する影響で本来濡れていなかった細部にまで水分が広がってしまう可能性があります。同じように、水分を排出させるためにスマホを振ったり、乾燥させるためにドライヤーを当てる行為は、どれも水分をスマホ内に充満させてしまう可能性があるのです。スマホが水没した際には余計なことはしないようにし、速やかに修理業者に持っていくようにしましょう。

小さなひび割れも油断は禁物

スマホの故障原因の一つに液晶画面のひび割れを放置していたからというものがあります。液晶画面自体はひびが入ってとしてもスマホの操作に影響しないこともありますが、ひびの隙間から水分が入ることでスマホが故障してしまうことがあります。ほとんど気にならないほどの小さなひびの隙間でも、長期間放置していると湿気などの水分が侵入し、やがて故障に繋がってしまう可能性があるのです。たとえ小さなひび割れでも、発見したら修理業者に修理してもらいましょう。

格安でスマホ修理してもらうには、近年増加している修理屋にお願いするのが良く、即日または数日以内で対応してもらう事が出来ます。