LED照明をインテリアで使うことにより電球の寿命が延びる?

LED照明とは何でしょう?

LED照明とは、発光ダイオード(LED)を使った照明器具のことを言います。これまでは、白熱電球を使った照明器具が多かったですが、最近では、LED照明が主流になっています。照明器具として、LED照明は、従来の白熱電球に比べると、明るさが明るく感じられます。白熱電球の場合ですと、消耗することにより、交換の頻度が高かったですが、LED照明の場合は、長寿命という特徴がありますので、長期間使用できますので、交換の頻度が少なくなります。

この発光の原理としては、白色の光を作るためには、青色が必要であったところ、青色発光ダイオードが開発されることにより、白色の発行が可能になり、今のLED照明にみられるような明るさが可能になりました。青色発光ダイオードの発明は、ノーベル賞受賞者を輩出するほどの発明となり、実用化にとっては、大きな進歩が見られました。

LED照明は、年々お求め安くなっています!

LED照明は、その長寿命という特性から、交換頻度が少なくて済むことがありますので、当初は、高価格となっていました。しかし、年々普及が進み、LED照明の開発が進み、実用化してから順調な売れ行きを示したことから、年々低価格化が進んでおり、購入しやすい商品になっています。白熱電球に比べて、省エネでもあることから、環境にも優しく、個人・法人ともに、LED照明化が進んでいるというのが現状です。今や、LED照明が一般的とさえなっています。今後は、ますます低価格化が進み、多くがLED照明となる時代が来るでしょう。

ledパネルとは、野外にも設置できる宣伝用のパネルです。ledライトを使用しているため省エネで目立つ広告となっています。