ポスターは昔はアイドル、今は選挙のための物?

ポスターを壁に貼って夢を見ていた時代もあった

私達大人の世代が子供の頃には、有名アイドルやスターは雲の上の遠く離れた存在の人でした。憧れのスターのポスターが欲しくて雑誌を買い集めては、気に入ったものは自宅の部屋の壁にぎっしりと貼っていたものでした。そしてそれを眺めながら一緒に出掛ける夢を見たりして、それだけでも幸せを感じていたものです。

アイドルが華やかな衣装を着ているポスターもいいのですが、普段着のような衣装のポスターだとそれを真似した服を着るのも楽しみの一つだったように思えます。そして等身大ポスターが手に入ると、まるで本人がそばにいるかのような錯覚に陥嬉しかったものです。

ポスターと言えば最近は選挙のポスター

最近は、アイドルのポスターを張っている人は少なくなっていると思います。

近頃ポスターと聞くと、すぐに選挙戦の政党や立候補者のポスターを思い出してしまいます。これらは昔のスターやアイドルのポスターと違って、「いかに良い人に見えるか」とか「クリーンな政党のイメージに作ろう」とする様々なデザインの工夫がされています。

カラーをよりピュアな感じに印刷したりイメージカラーを使ったり、これらを考える人達の苦労がにじみ出ている物も少なくありません。ポスターはもともと人の目に付く場所に貼って、宣伝をするための物なので一瞬で印象付ける工夫も必要です。

制作者の気持ちを考えて

改めてポスターについて考えた時、デザインや印刷の工夫など作り手の苦労は大きいものだろうと感じました。街中でポスターの顔などに髭などの落書きをする人がいますが、作った人が見ると泣きますよ。あのようないたずらはやめましょう。

激安コピー印刷は少部数の印刷物を短時間で作成するのに適しています。そのため、小規模な催し物で使用するパンフレットやチラシなどの作成に利用するのが正しい選択です。