いきなりの実践は不安が大きくなる

新入社員や中途社員は、いきなり実践させる中で育てる方法はありますが、本人はわからないことが多いことで不安に感じているでしょう。仕事を覚えるためには慣れるしかありませんが、より早く慣れるためには最低限の基本を覚えておくべきなので、研修を実施すると良いです。中途社員は社会人として働いた経験があるため、新入社員よりは短い研修の内容で問題ないです。一方で新入社員は社会人として一年生なので、まだ真っ白の状態です。そのため、研修で行う内容が今後の成長に大きく影響を及ぼすことになるので、社内でよく検討したうえで決めることが大事です。研修でしっかりと覚えてもらうことができれば、不安が小さくなるので実践に入りやすくなります。

既存社員を対象にした研修も有効

研修は新入社員や中途社員だけに有効な機会ではありません。既存の社員に参加してもらうことも有効なので、まだ開催していない場合は企画することをおすすめします。ただ、全社員に同じ研修を受けさせるのが適切なのかどうかはしっかりと検討した方が良いでしょう。なぜなら、経験が豊富な社員は色々なことを理解しているので、新入社員や入社して数年の社員と同じ内容の研修では、参加したとしても業務に活かすことは難しいです。ですから、研修を開催するのであれば、社員の担当している仕事やこれから担当してもらう予定の仕事に関係している内容にするのがポイントです。その方が研修を開催する意味がありますし、効果を実感することができます。

自分の所属している部署だけでなく、今まで接点のなかった部署の人とも接点を持つことが出来るのが社員研修です。色々な部署の人と接して今まで知らなかった事がたくさん見えてきます。