ホームページの作り方!基本を抑えたホームページ!

ホームページを作る上で必要な知識とは?

ホームページの基本的な作り方は大きく分けて2つあります。一つ目はデザインです。デザインは画像ソフトを使ってページ全体のイメージを作っていきます。いきなりホームページとして作成するわけではなく、見た目のデザインや構成を考えていきます。二つ目は実際にホームページとして作り込んでいきます。「HTML」や「CSS」といった言語を使い、ホームページのレイアウトを作成します。この2つがホームページを作る上での基本となります。また動的な動作をさせるプログラミングも場合によっては必要になります。

最近はレスポンシブデザインが主流

ホームページのレイアウトととして一番主流なのがレスポンシブデザインです。レスポンシブデザインとは横幅にあわせて自動的にレイアウトが変化していくもので、パソコンのような大きな画面で見た場合や、スマートフォンで見た場合にあわせて、最適なレイアウトに変化させていきます。レスポンシブデザインの利点は、一つのページで完結できることです。昔はユーザーエージェントのような、パソコンで訪れた人とモバイルで訪れた人とでページ自体を切り替えていたため、同じURLでもパソコン用、モバイル用と2つのページを作成することがありました。そのため手間が掛かってしまい作成するのも大変でした。しかしレスポンシブデザインなら、一つのページを作るだけで良いので作成するのも楽になります。そのため今の主流のほとんどが、レスポンシブデザイン対応のホームページになっています。

ホームページ作成とは、インターネット上に自分のホームページを作ることです。サイト等を利用し自分で作ることもできますし、専門業者を利用する方法もあります。