ホームページを作成するならデザインにはこだわりを!

ホームページの目的とは

ホームページを制作する目的に多くあげられるのが、集客やPRといった呼び込みとなっています。
人の目につくことが一番の目的である以上、瞬時に目をひくことができるデザイン性は非常に重要視されるべきものです。
どれだけ魅力的な文章が書かれていても、文字のサイズや色が適切でなければ、それを読んで貰えない可能性があります。
背景の色や画像の配置など、様々な要素を駆使し魅力的にレイアウトされたホームページは、文章の量が多くとも離れがたいホームページとなり、訴求効果も非常に高くなります。
ホームページの目的は、まず見てもらうこと。
そして内容に興味を持ってもらうことです。
そのためにも一秒でも長く、そのホームページに滞在してもらえるようデザインにもこだわりを持つことをおすすめします。

魅力的なデザインとは

奇抜なデザインであれば人の目をひくことはできるかもしれませんが、そのホームページに長く滞在してもらえるとは限りません。
デザインに統一性がなければ、見る人はどこを見れば良いか分からずに、重要な部分を見落とす可能性があります。
逆に一色だけのホームページは単調すぎて、見る人の興味を薄れさせてしまいます。
カラーは全体的に統一感を持たせつつも、重要な部分や強く印象づけたい部分には違うカラーを用いるなど、工夫が必要となります。
また長く利用されるホームページは、見やすさが非常に考慮されています。
特に会員用のホームページなど、何度も訪れるようなページは使いやすさと見やすさに重点を置いたデザインにするのが、結果的に魅力的なホームページとなります。

レスポンシブデザインとは、Webページの作成において、閲覧者のブラウザ環境やOS、またPCやスマホに限らず快適に閲覧できるようにするためのWebデザイン手法のひとつです。