水没させても慌てない!自宅でやれる応急処置とは?

やってはいけないこと

iphoneをトイレに落とす、あるいはポケットに入れたまま洗濯機で洗ってしまうといったことは意外によくあります。ただし、そこで慌てて行動してしまうと、完全に壊してしまうことになりかねません。そのため、iphoneを水没させた際には、絶対にやってはいけないことを覚えておくと良いでしょう。
まず、電源のオンとオフをしないことが重要で、加えて充電なども避けておきたい行動です。これらを行うと通電してしまい、中にある基盤と呼ばれる、言わばiphoneの心臓に等しい部品が破損してしまう恐れがあるからです。真水であれば、乾燥させることによって再び基盤を使えるようにできる可能性が高いため、電源には触れない方が無難です。

必ずやっておきたいこと

水没させたのなら、一秒でも早くiphoneを救出することが大切です。一瞬水に浸かる程度であれば、何の問題もなく使えるようになる場合もゼロではありません。
それでもiphone全体が水に浸かったのなら、まずはタオルで全体を軽く拭いておきます。水気が取れれば、次にやるのはiphoneを立てておくことです。充電するためやスピーカーなどの穴を下にしておけば、そこから内部に溜まった水が排出される場合が高いです。ある程度の水を出すことができたら、今度はティッシュを細長くしたものをそれぞれの穴に差し込んで水を拭き取ります。
自信がある、または経験があるならiphoneを分解して中の水気を拭くというのも良い方法です。ただし、自分でやるとiphoneの保証がなくなるので注意が必要です。

液晶が割れたときにはiPhone修理業を利用すると良いです。即日で修理ができて、中のデータもそのままで済みます。